LIFE STYLE CLUB

この春こそランニングデビュー! シューズ選びのポイントは?

読みもの

くらす

更新日:2018.04.23

5cf17b4aed0c57b6c404e6611437256a_m

 

3月に入り積もった雪も少しずつ減ってきたような気がしますね。

「春になったらランニングにチャレンジしよう!」と

と思っている人も多いのでは?

そこでまず迷うのがシューズ選び。

初心者が気をつけるべきポイントについて聞きました。

 

■足をしっかり支える機能を重視した初心者用シューズ

 

いよいよ春が近づいてきました。「この春こそランニングデビューを!」と考えている人も多いのではないでしょうか。そのために重要なのがシューズですね。とはいえ、売り場に並ぶたくさんの商品を見ると「どれを選べばよいのか分からない」という気持ちになりますよね。総合スポーツ用品店・札幌スポーツ館本店の伊藤雅樹さんに、選び方のポイントを聞きました。

 

01

 

まず、こちらのお店のランニングシューズ売り場では、右が初心者用で、左へ行くほど熟練者用、というように並んでいるそうです。初心者用、熟練者用で何が違うのか質問すると「走りが安定していない初心者の場合、まずは足をしっかり守る機能が大切。底を厚くし、クッション性のよい素材を使用することで、足に負担をかけずに走って、まずはみっちりと足の筋肉を作ることを目指します。それに対して熟練者用はとにかくシューズの重量を軽くして、速く走ること、記録を出すことを考えているんです」との答え!

 

02

 

03

 

04

▲右は初心者用、左は熟練者用のシューズ。いずれも同じ26cmサイズ。靴底の厚さのほか、靴全体の大きさ、重さもまったく違いますね!

 

厚さの違いだけではありません。「人の走りをスローモーションで見ると、まずは足裏の外側が着地し、次に足裏内側が着地、その後前へと向かう動きをしているのが分かります。足裏内側が着地した時に、足が内側に踏み込みすぎないよう、靴底中央部はあえて固い素材を使うなど、初心者用シューズにはさまざまな工夫が施されているんですよ」と、伊藤さんが教えてくれました。ほかにも、足がねじれずになめらかな体重移動ができるようにと「ガイダンスライン」などの工夫がされているそう。

 

05

 

かかとの底のクッションも、メーカーによって独自の工夫があるのが面白いですね。この辺りの違いは「履いて試してみて、好みで選んでOK!」とのことでした。

 

06

▲かかと部分にゲル素材を入れることでクッション性を高めるアシックス製品

 

07

▲波状の流れるような形状が特徴的なミズノ製品

 

08

▲新素材「ブーストフォーム」を使用したアディダス製品

 

ちなみに、初心者用シューズコーナーの上の方には「SUB5」、熟練者用コーナーの上には「SUB3」、その中間の上の方には「SUB4」の表示があります。これはそれぞれ42.195kmのフルマラソンを「5時間以内で走る人用」「3時間以内で走る人用」「4時間以内で走る人用」という意味だそう。「まずはフルマラソン完走を目指したい!」という初心者には「SUB5」がお勧めです。もちろんウォーキング用にもピッタリだそうですよ。(ただし「前向き」の動きだけでなく、横方向へも動くエアロビなどには向かないそうなのでご注意を!)

 

09

 

■「正しい自分の足サイズ」を知ることもとても大切!

 

もちろん何よりも大切なのは、自分の足に合ったサイズの靴を選ぶこと。伊藤さんによれば「履きやすい靴=足に合った靴ではないため、自分の足サイズを誤解されている方がとても多いんです」。幅広の靴のほうがどうしても楽なため、「自分の足は幅広(ワイド)」と思い込んでいる人が多いけれど、実際にはそれではゆるくて靴の中で足が動いてしまっているケースも多いので、ぜひ一度足型計測を受けてご自分の足サイズを知ってほしい、とのことでした。お店では足型計測やシューズ選びの相談にも応じてくれるので、スタッフの方に気軽に声をかけてみてくださいね!

 

10

 

11

▲PCを使い足長や足囲、高さ、指の角度などを精密に測る機械

 

12

▲同じシリーズにスリム、ワイド、ノーマルが揃うGT-2000 NEW YORK6各13824円。初心者に大人気

 

ところで、ランニングを始める方に「ぜひお勧め!」というアイテムがこちら、ランニングウォッチ。距離やルートを記録し、スマホと連動して結果を確認できるほか、モデルによっては心拍数チェックもしてくれるそう。「初心者の方は1km7分くらいのペースで走ってみるといいですよ。早歩きよりは少し早いくらいのペースですね。月ごとの走行距離を把握して、今月は300km走ったからおいしいものでも食べに行こうかな、という感じで目標設定をするのがいいと思いますよ」。

 

13

 

札幌スポーツ館のスタッフは、皆さん親切で専門知識豊富な方ばかり。伊藤さんによれば「ランニングは継続のスポーツ。年齢・性別に関わりなく頑張れば頑張っただけ結果がついてくるのが楽しいところです。一人で走るのも楽しいですが、仲間と走るのも楽しいもの。当店でもランニングクラブを作ったり、イベントも多数開催しているので、ぜひお気軽にお声をおかけくださいね」とのことでした。自分にぴったりのシューズを選んで、この春から楽しいランニングライフをスタートしてみてはいかがでしょうか。

 


 

 

14

 

■札幌スポーツ館本店

住所:札幌市中央区南3条西3丁目

011-222-5151

営業時間:10:30~19:30、不定休

https://www.sportskan.co.jp