LIFE STYLE CLUB

春に向けて、お家の外まわりをスッキリ

読みもの

くらす

更新日:2017.03.16

d3772bdd57e1f04c4b5bdd1ee1fc22be_m

 

雪解けが進み始め、そろそろ外まわりに手をかけたい時期です。冬を越して汚れた所をきれいにしたり、ウッドデッキをメンテナンスしたり。ジョンソンレディの神田恵里に、春に向けてのお手入れポイントを聞きました。

 

■忘れていませんか?玄関ドア

つい掃除を忘れてしまいがちなのが、玄関のドア。実はけっこう汚れていることがあります。濡れ雑巾でほこりや塵を落としましょう。インターホンやライトも一緒にお掃除を。“おうちの顔”をきれいにして新しい春を迎えたいですね。

 

■窓まわりを点検&きれいに

 

IMG_9057

 

日差しが明るくなると、窓ガラスの汚れも気になるところ。雪が解けたら窓にホースで水をかけて、ほこり汚れを一気に洗い流しましょう。

 

窓のまわりにはコーキングが施されています。コーキング部分が固くなっていないか、ひび割れが入っていないか、点検してみましょう。気になる場合はジョンソンスタッフにご相談を。状態によって打ち替えが必要な場合もあります。

 

■屋根のダクトを清掃

スノーダクト式の屋根は、雪解け後の春と雪が降る前の秋が清掃のタイミング。砂やゴミ等を除去清掃しましょう。ダクトにゴミ詰まりがあると、雪解け水や雨水のスムーズな排水を妨げてしまいます。また、屋根にサビが見られる場合はメンテナンスが必要です。

 

■ウッドデッキを塗ろう

 

fcf7fb5a101c36a05d7eb1d66ebdb636_m

 

昨シーズンからそのままの状態のウッドデッキには、塗装をしましょう。作業は水洗いで汚れを落としてから。その後よく乾かし、表面をサンドペーパーでならします。そうすることで、塗料の“のり”がよくなります。

 

塗装には、通気性・撥水効果のあるオイルステインがおすすめです。二度塗りすることで、傷みが少なくてすみますよ。メンテンスをすることが、長持ちさせることにつながります。

 

■ガーデニングの土の準備を

 

ae957173cd58d0a1ec84c27f7a539932_s

 

本格的なガーデニングのシーズンは5月に入ってからですが、その前に土づくりをしておくといいですよ。土が固くなっていたら、堆肥や腐葉土を入れてふかふかのやわらかい土にしておきましょう。

  • ジョンソン夏まつり オーナー感謝祭2016