LIFE STYLE CLUB

春からのお出かけに!お弁当に!イマドキ「水筒」

読みもの

くらす

更新日:2017.04.03

01

 

待ちに待った春です!

ジョギングやウォーキングを始めたり、

お弁当生活をスタートした方も多いのでは?

そこで大活躍するのが「水筒」。

最新の水筒ってどんなものがあるのか、

東急ハンズ札幌店で聞いてみました。

 

 

■可愛いだけじゃない、イマドキ水筒の個性と実力

 

色とりどりの商品が並ぶ、東急ハンズ札幌店3階の水筒売り場。それぞれの特徴について親切丁寧に説明してくれたのは、商品知識豊富な売り場担当者・西本祐一さんです!

 

イマドキ水筒は、保温機能はどれももうバッチリで大きな差はないそうですが、よく見ればどれも工夫が凝らされて、キラリと個性が光ります。

例えばこれ。軽い力でフタが回るうえ、160度回転させるだけで開け閉めできる、女性にもラクラクなタイプです。

 

02

▲真空断熱ケータイマグ(サーモス)/350ml 2480円、500ml2780円

 

こちらはフタにでっぱりをつけることで、グンと回しやすくしたもの。飲み口には細かいスリットが多数入って、熱い液体がいきなり口に飛び込まないようになっています。

 

03

 

04

▲BRUNOスケープボトル(イデアインターナショナル)/400ml3200円

 

軽量タイプもありました。通常の400~500ml水筒が200g以上なのに対し、この商品は190g。たった10gの差でも、手にした時にはずいぶん軽く感じられるそう。ふわっとした柔らかなパステルカラーが可愛いですね! 片手でフタが開くワンタッチタイプです。

 

05

▲ふわふわ air ワンタッチボトル(ドウシシャ)/480ml2480円

 

ペットボトル型の可愛いデザインも。飲み口部分の金属が薄く、口に当てた時の感触が自然で飲みやすく工夫されているそうです。

 

06

 

07

▲アウトドア ステンレスボトル(東亜金属)/400ml2200円

 

ちょっと前に流行った「飲み終わったらくるくる丸められる水筒」も健在。昔ながらのアウトドアタイプもありました。

 

08

▲シリコンボトルアクティブ/300ml1500円~

 

09

▲右:真空ボトル(STANLEY)/730ml5000円、左:真空断熱ウォーターボトル(STANLEY)/530ml3500円

 

 

■中に入れる飲み物も要チェック。お手入れもこまめに!

 

ところで「内側が金属の水筒」には、塩分のある飲み物や酸性の飲み物、つまりスポーツドリンクやレモネードなどを入れてはいけないってご存知でしたか?

でも、スポーツドリンク愛好派の方もご安心を。内側にセラミック加工が施されているこの水筒なら、スポーツドリンクやレモネードも大丈夫。汚れが付きにくいという特徴もあります。

 

10

 

11

▲セラブリッドマグボトル(京セラ)/350ml2480円、500ml2780円

 

こちらは「お茶をおいしく飲む」ことを目的に作られたボトル。内側がテフロンTM加工で、水筒のにおいがお茶に移らずにおいしく飲め、茶シブも付きにくくなっています。

 

12

▲ペルレ ティーボトル(シービージャパン)/355ml2800円

 

水筒売り場のすぐ横には、コーヒーや紅茶用品売り場もあるので、併せて立ち寄るのもオススメですよ。可愛いパッケージの紅茶や他店ではあまり見かけない珍しい中国茶も並びます。

 

 

14

 

15

 

西本さんによれば、水筒を長く使うために大切なのは「2年に一度はパッキンを交換すること。また、パッキンの劣化を防ぐために買い置きはせず、使う時に購入すること(取り寄せ可)」「水ですすぐだけでなく、専用ブラシやスポンジを使って清潔を保つこと」だそうです。

同じフロアにお手入れグッズ売り場もあり、さまざまな用途に応じたブラシ、スポンジが並ぶので、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

16

 

※価格はすべて税別です。

 


 

 

■東急ハンズ札幌店

札幌市中央区南1条西6丁目4-1

011-218-6111(代)

営業時間:10:00~20:00

定休日:不定休

http://sapporo.tokyu-hands.co.jp

 

  • ジョンソン夏まつり オーナー感謝祭2016