LIFE STYLE CLUB

<ちょこっとドライブ>ニセコのゴンドラに乗ってちょっとマニアックな〝模擬〟キノコ狩り体験

読みもの

あそぶ

更新日:2017.09.01

09

 

日に日に秋の気配が深まる今日この頃、

ドライブも楽しみな季節になりました。

この秋どこへ行こう!とワクワクしている人も多いのでは。

ニセコのスキー場で夏季運行している「サマーゴンドラ」で

山中腹まで登ったところにとてもユニークな穴場を発見しました!

今シーズンの営業は9月24日までと残りわずかですが

ニセコドライブの時にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

■快適! サマーゴンドラで一気に標高820m、ニセコアンヌプリ中腹へ

 

国内はもちろん、オーストラリアやニュージーランドをはじめとする海外からの観光客も多く訪れるニセコ。街中の看板やお店のメニューにも日本語と英語が両方書かれていて、まるで外国を訪れたような気分が楽しめます。

ニセコ連峰のなかでもひときわ雄大なニセコアンヌプリでは、夏の間(今シーズンは9月24日まで)ニセコグラン・ヒラフスキー場のゴンドラを利用してお手軽に中腹まで登ることができるという情報をキャッチ。早速出かけてきました。

 

01

 

ゴンドラの乗降口では親切な係員さんが手助けをしてくれるので、子どもやお年寄りと一緒でも安心。約10分の乗車で中腹駅へと到着します。展望台からは羊蹄山が真正面に見えて、雄大な景色に大感動。顔出しパネルで記念撮影をしたり、ソファでくつろいだりして過ごせます。ソファには自撮り用のカメラスタンドまで用意されていてビックリ!

 

02

 

03

 

04

 

■見れば見るほど精巧なキノコ模型。ネイチャーガイドツアーもオススメです

 

外の景色も最高に素敵ですが〝穴場〟としてぜひ紹介したいのがレストハウス「エースヒル」内にある「自然情報室エコル」なのです。ここには、ニセコ周辺の動物、昆虫、植物などに関する写真や標本などがズラリと並んで見応え十分。

 

05

 

06

 

07

 

なかでも感動的なのがキノコの模型です! 色、大きさ、形を忠実に再現したキノコが約30種。ニセコの自然、特にキノコに詳しいガイドスタッフの手作りで、カサの裏や軸までホンモノ通りに再現した精巧な模型です。文章だけでは伝わりにくいかと思いますが…。マグネットで木の枝などにくっつくように工夫されているため、「キノコ狩り」気分でもぎ取るように引っ張ると、絶妙な感覚で「ヒョコッ!」とモゲてもう最高に楽しいんです。

 

08

 

10

 

模型のキノコを見るだけでは物足りないという方も安心を。ニセコの自然を知り尽くしたガイドさんと歩く「ネイチャーウォッチング」もあり、エコル周辺の樹木や花、昆虫、きのこの観察体験ができます。普段なにげなく見過ごしてしまうような、小さな草花、生き物たちをじっくり観察すると…。さまざまな不思議や感動に出会えそう。

 

11

 

エコルのある山の中腹の標高は820m。ニセコの街中に比べて5℃前後気温が低いので、上着を一枚持参すると安心ですよ。帰りにはゴンドラ乗り場のお隣のホテルニセコアルペンの温泉で日帰り入浴を楽しむのもオススメ。楽しい秋の日のお出かけプランの参考にしてみてくださいね!

 

15

 


 

ゴンドラ乗り場住所:倶知安町山田204(ホテルニセコアルペン横)

お問い合わせ先:TEL.0136-22-0109(ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ)

http://www.grand-hirafu.jp/summer/

 

■自然情報室エコル

営業時間:9:00~16:00

ネイチャーガイドツアー:30分コース1人1000円、60分コース1人2000円(要予約。空きがあれば当日受付も可)

 

■ニセコグラン・ヒラフ サマーゴンドラ

運行時間:9:00~16:00

往復料金:大人1,100円・子ども550円、片道料金:大人700円・子ども350円。未就学児無料

 

※いずれも今シーズンの営業は9月24日(日)まで。