LIFE STYLE CLUB

[ちょこっとドライブ]小樽② 幻想的な光に包まれた小樽の街へ

読みもの

あそぶ

更新日:2016.12.09

DSC_2941

 

 

小樽の街がやさしい光をまとって、よりロマンチックな雰囲気に。

運河は“青”で彩られていました。いまの小樽の夜を見に行ってみませんか。

 

小樽では2017年2月12日まで、「小樽ゆき物語」というイベントが開催されています。JR小樽駅構内に市内のガラス工房が手がけたアート作品が展示されていたり、飲食店で特典が受けられる「まちごはん」企画があったり。また、小樽の隣町・余市町でも「余市ゆき物語」が行われています。

 

小樽運河プラザ(色内2丁目1-20)の前庭では、イベントのシンボル的な存在の「浮き玉ツリー」が淡い光を放っています。ツリーに並べられているのは、漁業に使われるガラス製の浮き玉。ガラスのまち・港まち小樽ならではの素敵なツリーです。たくさんの人が足を止めて写真を撮っていました。

 

DSC_2936

▲浮き玉ツリーは1/31まで見られます(点灯時間:16時〜24時)

 

運河プラザのなかに入ってみると、「ワイングラスタワー」が飾られていました。グラスが3メートルの高さに積み上げられていて、光の色が変化していきます。きれいですよ。

 

irumi

▲ワイングラスタワーの展示は2/12まで

 

そして、小樽運河が青のイルミネーションで彩られ「青の運河」に。水面に“青”がにじんで幻想的。いつもとは違う、運河の光景がありました。ゆっくり歩いてみるのもいいですね。雪が降り積もると、いっそうきれいだろうなと感じました。

 

DSC_2949

 

 

小樽ゆき物語

http://www.otarusnowstory.com

  • ジョンソン夏まつり オーナー感謝祭2016