LIFE STYLE CLUB

鍼灸師に聞きました! 冬を乗り切る手軽な「温活」~生活編~

読みもの

更新日:2017.01.29

_L8A6243

 

寒い日が続きますね。万病のもととも言われる「冷え」を、東洋医学の立場から撃退する方法の第2弾。前回に引き続き、ニイハオ鍼灸院院長の佐久間敬三さんに、生活のなかに気軽に取り入れられる「温活」の知恵を聞きました。

 

■湯船で入浴。「首」の名がつく3カ所もしっかり保温

食事の次に気をつけたいのはお風呂。北海道は家のなかが温かいこともあり「冬でもシャワーのみ」という方も多いようです。湯船に浸かって体を芯から温めることは、やはりダイレクトに効果がありますよ。忙しい方でも最低週2回は湯船に浸かることを習慣にしてほしいと思います。

また、体にはいくつか「冷やしてほしくないポイント」があります。その一つが「へそ周り」。内臓に近い分、おへそが冷えれば内臓も冷え、逆に温めれば内臓=体の内側から温まる、という理由です。「首・手首・足首」と、「首」の付く部分も要注意。皮膚が薄く、体の中にまで冷えが入り込みがちになります。靴下やマフラーなどでしっかり保温したいですね。女性は鼠径部(そけいぶ。太ももの付け根)から体の内側に冷えが入り込むと言われますので、寒い時は厚手のタイツなどを履いてしっかり保温しましょう。

 

29c7ea50fa375c8ea6650d50b7d7d7ef_s

 

■お灸も効果的。熱くなく、気持ちよくポカポカに

「熱そう!」と敬遠する人も多いのですが、お灸は体を温める効果がとても高いもの。皮膚に直接火を置くタイプではなく、「台座灸」「間接灸」と呼ばれるものでも十分に効果があるので、冷えに悩んでいる方はぜひ試してみてください。

 

ff84249ae42951b04c4178ed3620ad1b_s

 

ドラッグストアなどで一般に市販されているお灸には3~4種の温度設定があるので、初めての人は一番温度の低いもの(「ソフト」「マイルド」などの名称のもの)から試すと安心です。ガマンが必要なほどの熱さはなく、ポカポカと気持ちよく体を温められます。

体全体を温めるのに効果的なツボがあるのは足の裏。「湧泉(ゆうせん)」というツボです。足の指をギュッと縮めた時に一番凹む、分かりやすい場所にあります。ここをお灸で温めると、気持ちよく体中が温まり、疲れもとれますよ。

 

ツボ2

 

冬を快適に過ごすためにもう一つ大切なのは、夏の過ごし方。夏はどうしてもクーラーや冷たい飲み物に頼りがちになりますが、やはりある程度は熱を体に取り入れ、汗をかいて、冬に備えるべき季節でもあるのです。冬に「冷えがつらい」と感じる方は、夏の過ごし方も見直してみるとよいでしょう。

 


 

■ニイハオ鍼灸院

 

鍼灸院外観(HPより)
札幌市白石区栄通8丁目2-6
TEL.011-853-2180
診療受付時間:月・木・土10:00~19:00、火・水15:00~19:00、日10:00~15:00
休診日:金曜・祝祭日
駐車場:あり(鍼灸院前)
http://www.nihao-s.com ※予約制。HPからの予約も可

  • ジョンソン夏まつり オーナー感謝祭2016