LIFE STYLE CLUB

家時間のお供に、手作り梅酒を。

読みもの

たべる

更新日:2016.08.23

9b1e1d88a817f07631c3014aa6eae704_s

 

“おいしくな〜れ”。漬け込んだあとに変化していく様子を見ながら、飲み頃を待つ時間も楽しみ。

梅酒のことを知って、作ってみませんか。

 

 

 

梅のパワーで元気をチャージ。

 

からだに良いとされ、古くから日本人の食生活に取り入れられてきた梅。

もともと中国から伝わったといわれていますが、

シソの葉で赤みを出す梅干は日本独特のもののようです。

 

DSC_1032

 

朝に梅干しを食べれば、一日無事に過ごせることを教える「梅はその日の難逃れ」、

「梅干しは三毒を消す」(三毒=食べ物の毒・血の毒・水の毒)など、

梅と健康にまつわることわざや言い伝えもいろいろあります。

梅酒もまた長く家庭で親しまれてきました。

昔は嗜好品ではなく薬用酒として飲まれることが多かったとか。

疲労の回復、食欲増進、便秘の解消、血流を良くする…、その効果は広く知られるところです。

 

 

その年に収穫した梅の実で、梅干しや梅酒などを仕込むことを

“梅しごと”というそうです。なんとも素敵な響きですね。

梅雨のある地方では、梅雨シーズンがくるとこの梅しごとが始まるのだとか。

市販のお気に入りを飲んだり、新たにおいしい銘柄と出会ったり。それも楽しいですが、

自分でつくる梅酒には、漬け込んで変化していく様子を見ながら

“おいしくな〜れ”と待つ楽しみも加わります。

仕事から帰ってひとりリラックスして過ごす夜に、

友達とゆっくり語らう休日に、手作りの梅酒がいい時間を運んでくれそうです。

 

 

 

作って、待って、飲んで、使いきって。

 

梅酒作りは、青梅、ホワイトリカー、そして氷砂糖を入れてというのが一般的。

周りにちょっと聞いてみたところ、何度か自家製しているという梅酒好き女子は、

ブランデーで漬けたり、黒砂糖を入れたりとアレンジもしてみたそう。

いろいろ試してみて、好みの味を見つけられるのも手作りする魅力ですよね。

 

f442582de0ffc9c93ac8d502064361cc_s

 

飲むだけではなく料理の調味料としても万能で、梅酒から取り出した梅の実の活用方法もいろいろ。

たとえば小さく刻んでケーキに入れたり、ヨーグルトと合わせたり、ジャムにしたり。

青魚と一緒に煮ると、魚の臭み消しとしての役割もしてくれます。

作って、待って、飲んで、使いきって。

梅酒作りから、ていねいに暮らすことの楽しさも教えてもらえそうです。

 

お酒のプロが指南してくれる梅酒講座は、

知識を楽しく学んで、梅酒作りを体験できる機会。

“お酒が好き”“梅酒を作ってみたい”と集まった人同士、

自然に打ち解けられるような和やかな雰囲気です。

 

写真 2015-08-29 16 41 02

 

基本を知って、アレンジを加えてと、

毎年“梅しごと”を暮らしのイベントにするのも素敵ですね。

 

※梅酒は酒税法によってアルコール度数が20度未満のお酒でつくることは禁止されています。

 

 


 

イベント参加 申し込み受付中!

造り酒屋の杜氏から学ぶ 梅酒講座

9月3日(土)16:30〜18:00

 

詳細・お申し込みはこちら