LIFE STYLE CLUB

冬が来る前に! 眠りの専門家に聞く快適睡眠のための寝具選び

読みもの

くらす

更新日:2016.10.14

03

 

 

秋の夜長、よく眠れていますか。

ぐっすり眠れた翌朝は寝覚めも爽やかで、その日一日を元気に過ごせそうな気持ちになります。

一日8時間眠るとすると、人生の3分の1は睡眠時間。大切ですね!大切な睡眠時間をより快適に過ごすための工夫や、この夏の間中がんばってくれた夏布団の保管について、「ふとんのヨネタ」店長、米田創(はじめ)さんに話を聞きました。

 

寒さが気になる時期は「背中の保温」に気をつけて

 

寒くなってくると「暖かい掛布団や毛布を…」と考えがちですが、米田さんによると「意外に見落とされがちなのが背中の保温なんですよ」。いくら上から保温しても、下からどんどん熱が逃げていっては暖まりません。「天然素材の保温性のある敷布団を使うだけで、驚くほど快適な暖かさの中で眠りにつくことができますよ」と米田さんは教えてくれました。

特にスプリング仕様など中が空洞のマットレスは、夏は快適でも秋冬にはスースーしがち。薄めのパッドを敷くなどして、熱が逃げないようにガードするとよいそうです。ちなみに米田さんのイチオシは「パシーマ」というガーゼと脱脂綿でできたシーツや敷きパッド。夏はサラッとして冬はふんわり保温してくれ、快適に眠れるそうです。一度試してみたいものですね。

 

01

 

 

夏布団の保管に「布団圧縮袋」はNGです!

 

夏の間、活躍してくれた布団の保管についても聞いてみました。気をつけるべき最大ポイントは「布団圧縮袋は使わないこと!」。汗など、布団についたニオイまで圧縮・密封してしまうため、春に取り出した時にニオイが気になるケースが多いそうです。クリーニング後のキレイな状態なら問題ありませんが、それでも保管中に固くなり完全には戻らない場合が多いため、やはり空気に触れさせて自然に保管するのがよいとのことです。

冬は布団干しができなくなることを気にする方も多いのですが、羽毛布団の場合は特に、それほど布団干しは重要ではないので、あまり気にしなくて大丈夫だそう。汗や湿気がたまりがちな敷き布団は、外には干さなくても、日中、家の中の椅子に掛けておくだけでもだいぶ違うそうですよ。

 

02

 

快眠の大きなポイントになる、枕選び

 

ところで、米田さんがよく受けるのが「枕はどんなものがいいの?」という質問。眠りの質を大きく左右する枕。気づかないうちに高過ぎる枕を使っている人が多いので、気をつけましょう。理想は「立っている時に近い首の角度」になることで、あおむけで目を開けた時に真上の天井よりも10度位足元側に目線がいく角度がよいそうです。柔らかすぎる素材は頭が固定されずグラグラするのでNG。「枕なしで眠れる!」という方もいますが、就寝中、特に横を向いた時などに首や上腕に負担がかかっているので、今はよくても将来的に首や肩の痛みの原因になりがちだそうです。お店では問診や測定、ためし寝による枕選びのアドバイスも行っているので(要予約)、興味のある方は相談してみてはいかがでしょう。快適睡眠で、元気いっぱいに過ごせるとよいですね!

 

03

▲「ふとんのヨネタ」代表取締役の米田創さん。日本睡眠科学研究所認定スリープアドバイザー兼ピローアドバイザー。枕や寝具選びの相談にも乗ってもらえます(要予約)

 

04

 

●ふとんのヨネタ

札幌市北区篠路8条4丁目1-64

TEL:011-771-0337

営業時間:9:00~19:00

定休日:日曜日(日曜営業日もあるのでお問い合わせを)

http://www.yoneta.jp