LIFE STYLE CLUB

円山動物園の新施設、ホッキョクグマ館が楽しい!

読みもの

あそぶ

更新日:2018.05.08

01

 

札幌市円山動物園に今年3月にオープンした

新施設・ホッキョクグマ館。

広々とした屋外スペースを悠々と歩く姿のほか、

水中トンネルでは大きなホッキョクグマが

頭上を泳ぐ迫力ある姿も見学できます。

 

■屋内外、地上に水中。全方向から見学できる感動体験

 

いよいよお出かけが楽しみな季節になりました。家族で楽しめる人気スポット、札幌市円山動物園にこの春新しく「ホッキョクグマ館」が誕生したと聞き出かけてきました。ホッキョクグマにふさわしく真っ白な建物は2階建て。できたての清潔感いっぱいで、クマたちのどんな表情が見られるのかワクワクします!

 

順路にしたがって、建物横のスロープを上がるとそこは屋外の見学スペース。目の前でホッキョクグマが行ったり来たりする様子を見られるほか、時には階段を上り下りしたり坂を上ろうとする姿を見下ろせることも!

 

02

 

03

 

建物の中に入るとそこは2階で、ガラス越しのすぐそばを歩く姿や、プールの水面にひょっこり顔を出す愛らしい姿が見学できるようになっています。間近で見るホッキョクグマって、やっぱり大きい!

 

04

 

1階へと降りると、そこにあるのはお待ちかねの水中トンネルです。力強く泳ぐクマの姿を下から見上げたり、クマが自分の真横を悠々と泳いでいく初めての体験に、もう言葉を失うばかり…。横から、下から、上からと、さまざまな方向からイキイキとした動物の姿が見られ、子どもはもちろん大人も興奮してしまいます。

 

05

 

06

 

ゴマフアザラシの水槽も隣接していて、愛嬌のある姿に心が癒されます。アザラシとホッキョクグマがガラス越しに顔を合わせ、アザラシがギョッとしたように驚いて逃げていく姿が見られることも。地球環境について考える展示も用意されています。

 

07

 

08

 

従来施設も健在。こちらでもホッキョクグマがプールにザブンと飛び込む姿が見られるかもしれませんよ!

 

09

 

■オフィシャルショップやカフェ、遊具広場も楽しみ!

 

昨年夏にオープンした「アフリカゾーン」をはじめ、ホッキョクグマ館以外にも円山動物園にはほかにも見どころがいっぱいです。例えば、正門近くの次世代エネルギーパーク動物科学館にはオフィシャルショップや、パスタやハンバーグなどが楽しめるズーカフェがあります。ホッキョクグマ館のオリジナルグッズが手に入るのは園内でここだけなんですって!

 

10

 

11

 

西門を入ってすぐの遊具広場「まるっぱ」も冬季閉鎖を終えてオープンしていますので、こちらも要チェック。動物の目線と同じ高さからすべるすべり台や、プレーリードッグの巣穴を再現した遊具など、思いっきり体を動かして遊びながら動物の大きさや動きを感じることができます。

 

12

 

園内では今年秋の「ゾウ舎」完成に向けた工事も着々と進んでいました。ミャンマーから4頭のゾウがやってくる日が待ち遠しいですね。

 

13

 

家族で一日中でも楽しめ、今後もますます目が離せない円山動物園。春のお出かけ先の候補にぜひ加えてくださいね!

 


 

■札幌市円山動物園

住所:札幌市中央区宮ヶ丘3-1

電話番号:011-621-1426

開館時間:9:30~16:30(11~2月は9:30~16:00)

休園日:第2・4水曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~31日、4・11月の第2水曜日を含む週の月~金曜日

入園料:高校生以上600円、中学生以下無料

http://www.city.sapporo.jp/zoo/index.html