LIFE STYLE CLUB

農家さんが教える味噌作り体験

過去のイベント

イベントレポート公開中!

たべる

更新日:2017.01.28

b9d6e5cf2fd73006ef840224c0e987b6_s

 

札幌で新規就農7年目のファームまつもとの女将松本千里さんと無農薬の大豆で手作り味噌を一緒に作りませんか?

味噌作りとお豆のいろいろをレクチャー。

味噌の量は800gとたっぷり、容器に入れての持ち帰りも出来ます。

ランチには手作り味噌ラーメン!

 

wakiga182_1

 

■講師/ファームまつもと 松本千里

Event Report

こんにちは。ライフスタイル倶楽部イベントスタッフの白井です。

今日は、札幌近郊で無農薬・減農薬で野菜を栽培しているファームまつもとの女将、松本千里さんの手作り味噌を教えていただきました。

使うお豆はもちろん、ファームまつもとさんの無農薬の「鶴の子大豆」です。

鶴の子大豆は、白くて大粒で甘味豊かな美味しい大豆です。

 

IMG_3182 (2)

 

まずは大豆の下処理の仕方。

この下処理が、普段お豆を一から茹でたことのない私にはハードルの高い作業のように感じていたのですが、ポットなどの保温容器に熱湯と一緒に入れて4時間程時間を置くだけで浸水作業が終わってしまいます。

中までふっくらした状態になります。よく一晩とか一昼夜と聞きますが、そこまでしなくても熱湯の保温で下処理が済んでしまうんですね‥

なんだ、簡単だったんですね。

この後にお豆が柔らかくなるまで煮ます。圧力鍋で煮ると更に時短になりますね。

松本さんの教えてくださる作り方は、豆の下処理から考えても一日で出来てしまいます。

 

柔らかくなった豆は、ミンチマシーンで細かくしました。

 

IMG_3189

 

お家では大豆をジップロックに入れて手でぶちぶちと潰しても良いです。手で潰すのはお子さんでも出来ますし楽しそうです。ストレス解消にもなりそうです、笑。

 

塩と麹を加えて最後はお団子状にして、力を入れて持ち帰り用の容器の底に投げつけるように入れていきます。

これは空気を抜くために必要な作業なのですが、これまた気持ちよさげに、皆さんこの作業が一番楽しそうにされていましたよ。

 

IMG_3198

 

この後は容器の周りを綺麗にして、塩で蓋をして更にラップで空気を遮断して密閉し、発酵熟成させます。

食べ頃は10月頃。待ち遠しいですね!

 

味噌作りが終わった後は、自家製味噌と残った大豆の茹で汁を使った味噌ラーメンを食べていただきました。

 

IMG_3205

 

大豆の茹で汁には旨味が凝縮していますので捨ててしまうなんてもったないと、松本さん考案のレシピです。

スープを作る時にお水の代わりに使います。

みじん切りにした生姜とニンニク、豚ひき肉を炒め、味噌と豆板醤で味付けします。そこに鶏がらスープの素、酒、砂糖、醤油、豆板醤の辛みと大豆の甘味が絶妙に相まって罪悪感のない美味しいラーメンが完成~!

炒めたもやしや長ねぎ、チャーシュー、シナチク、ゆで卵をトッピングして仕上げに自家製ラー油を振りかけました。ラー油に入っている八角の爽やかな香りに更に食欲を掻き立てられます。

 

あまりの美味しさに全員スープまで飲み切って完食となりました。

難しい意識を簡単に、気軽に取り組めるように変えてくれたファームまつもとの松本千里さんの手作り味噌講座、参加いただいた皆様には楽しかったと感想もいただきました。ありがとうございました。

 

IMG_3203

 

次回の講座も待ち遠しいですね。

講師紹介

ファームまつもと松本千里

開催概要

開催日1月28日(土)
開催時間10:30~13:00 
開催場所POP SPOON CAFE
札幌市西区琴似2条5丁目4
定員10名
参加費1000円
備考